閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「穀雨」降って….

投稿日2014/4/21

昨日は二十四節気の「穀雨」。
春のあたたかな雨が降って、穀物類の新芽が伸びてくる頃といわれています。
信州安曇野では、山肌に出始めた「代馬(白馬)」などの姿を合図に苗植えが始まるのもちょうどこのころ。
 
さて、そんな週明けの今日は、まさに「雨降って地固まる」の言葉通り、一年生も正式入部となる「部活動ミーティング」に臨みました。
先輩、後輩、さらにその先のことを思えば、世代をこえた絆を結ぶことにつながるであろう得がたい日々のスタートです。
運動部であれ文化部であれ、さらに生徒会活動もまた、課外活動だからこその貴重な体験をたくさん積んでほしいと思います。
 
ところで、いまカフェテリア入り口付近にて、写真部が作品を展示しています。
天窓からさし込むやわらかな自然のダウンライトを受けて、そこはちょうどフォトギャラリーのたたずまい。
どれも、この一瞬を逃さず見事に切り取った秀作ばかりです。
 
その中から、いくつかをご紹介…
 
 
 

前の記事【お知らせ】4/21・23 中高合同〈演劇部〉春季公演 『銀のお皿にたくあんを』
次の記事藤棚