閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「豊年満作」を期して…@答案返却日.

投稿日2014/3/16

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、つい先ごろまで大雪や寒の戻りに悩まされていたのが嘘のように、今日は一気に春めいてきました。
そうしたなか、修学旅行から無事帰着した高校2年生も合流し、一斉に学年末試験の答案が返却されました。
 
冬から春へ…、季節はいつもその境目を重ね合わせつつ紡いでいきます。
同じように、わたくしたちの生活もまた、「それまで」の経験を無駄にせず、「これから」にしっかりと生かしていきたいものです。
そのためにも、単に数値的な結果に一喜一憂するのではなく、試験問題の内容についてあらためてじっくりと復習することが大切です。
 
 
 
春のまばゆい陽射しが水面に照り映える通学路。
その脇では、「マンサク」が花盛りでした。
こうしてたくさんの花をつけることから、その名は「豊年満作」よりとられたとか…。
さらに、花言葉は「幸福の再来」。
 
なるほど、幸せな気分をたくさん運んできてくれました。

前の記事「あっ、『お龍さま』がいっぱい!」@高校2年修学旅行:長崎にて
次の記事春一番