閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

天へのしんごう  《中学1年校外学習@府中市郷土の森博物館》.

投稿日2014/2/27


 
当初は、一週前に実施する予定だった《中学1年校外学習》
延期したことが裏目に出てあいにくの天候に見舞われてしまいました。
 
そんなこともあって、陣中見舞にかけつけてみれば、雨などまったく気にとめる様子もなく、クイズ形式の「修了試験」に歓声をあげていました。
 
その後、「梅まつり」真っ盛りの園内をしばし散歩してみると…
 
紅、白、新茶…それはそれはさまざまな品種の梅が目を楽しませてくれました。
また、多摩川に面した斜面には、透き通ったロウバイが芳しい香りに満ちた黄色いトンネルをつくっていました。 
そして、目を足下に転じれば、雪融けの大地から「福寿草」が顔を出して、「やすらぎ池」の「ネコヤナギ」や「カモ」らとともに、いよいよ春本番の近いことを告げていました。
 
   ……
   うめは だれと
   おはなししているの?
 
   あれは
   天へのしんごうよ

    
     こちらは地上
     春がきました
     春がきました
 
        府中市生まれの詩人
        村野四郎の詩 『うめの花』 より
  

 

前の記事“慮る”@高校3年修了式&男子中学1年「今、私の思うこと」
次の記事「自分の周りを野心であふれプラス思考の人で固めなさい」@第65回高等学校《卒業式》