閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

冬支度.

投稿日2008/11/25

004.JPG

登下校にコート姿が目立ち始めました。
それと同時に前庭の松も・・・。
まるで、松が寒さに震えて「腹巻き」でもしているような。(笑)
 
これぞ、松の「コモ巻き」。 
 
藁で編んだ「コモ」を幹に巻き付けて松の害虫を駆除するという昔から伝わる慣習です。
松の葉を食べるマツケムシ(マツカレハ〔蛾〕の幼虫)は、寒くなると樹上から下りて暖かい場所で冬眠する習性をもっています。そこで、地上に下りる前にコモの中で越冬させ、3月の啓蟄のころにコモとともに焼却してしまうのだそうです。

こうして「コモ巻き」が本格的な冬の到来を告げています。
 
われわれも、イガイガ虫などにのどを痛めつけられぬよう、手洗い、うがいを励行いたしましょう!
 

前の記事中学校《入試》説明会@調布グリーンホール
次の記事地学部主催 《観望会》 11/27.28