閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

悲喜交々@高校一般入試.

投稿日2014/2/12

本日の「高校(一般)入試」をもって、今年の入学試験の全日程を終了いたしました。
中高ともに、多くの受験生とそのご家族のみなさまには、ひとかたならぬ関心をお寄せいただきまして、誠にありがとうございました。
 

 
ところで、今はインターネットなどの導入により、間接的な手段によって合否をいち早く把握できるようになりました。
そのなかで、唯一残された今日の「掲示板」発表では、昔ながらの悲喜交々のドラマが目の前で展開されました。
 
かつての卒業生が、後に続く後輩たちを前に語った、印象深いひと言を今でも忘れることができません。
 
 「わたくしのこの一つの合格は多くの涙の上に成り立っている」
 
この気持ちがあるかないかは、その人がいかなる立場にあろうとも、その後の新たな生活に大きな影響をもつものと思われます。

前の記事根開き
次の記事無知の知