閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「節分」の日に.

投稿日2014/2/3


 
「節分」の朝、〈久我山周辺地域探訪(中1)〉にて訪れる烏山:寺町の「高源院」に立ち寄りました。
すると、どうでしょう。
「宙水」として名高い「鴨池」の水位がご覧の通り、干上がる寸前までに下がっているではありませんか。
 
先日、ここで井の頭池の「かいぼり」作業についてご紹介しましたが、一説によれば、両方の池は地下でつながっているとか。
どうもそれを裏付けるような有様でした。
 
 
これには、佇む「アオサギ」の表情もひときわ青ざめているように見えました。(笑)
 
 
池の水も、季節も、分かつものというよりは、たがいに重なりながら紡ぎ合っているもののようです。

前の記事出立
次の記事「共に生きた」ということ