閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

金星と木星のランデブー.

投稿日2008/11/19

朝晩の冷え込みがにわかに厳しくなりました。
 
18時少し前のこと、自転車置き場にて聞こえてきた中学生の会話です。
 
 「ああ、見て!見て! きれいよ!!!」
 「あっ、ほんとだあ!」
 「もしかして、あれが先生が授業で話してくれた星かな?」
 「うん、きっとそうだよ」
 
思わず彼女らが見上げる先を目で追ってみると、すでに陽も落ち次第に闇が進行しつつある西の空に、ひときわ輝く二つの星がまたたいているのがみえました。
それは、「宵の明星」金星と、「ジュピター」木星との逢瀬のひとときでありました。
 
どうやら、この星たち、12月1日(月)の夕刻には最も接近するとのこと。
ただし、その際には「ふたり」を邪魔する、否、その仲をとりもつように(笑)、「お月さま」までが寄り添うようで、こぶし大の中にすっぽりこの三つの天体がおさまってしまうのだとか。
さしずめ、冬の「七夕」ともいうべき天体ショー。当日はぜひ晴れるといいですね。
 
それにしても、夜空を見上げるゆとりを大切にしている彼女たち・・・実に感心なことです。
んっ? 時計を見れば、17時53分。
こらーーー! 中学生の完全下校(17時50分)をとうに過ぎとるぞーーー! はよ、かえりなさーい!!!(笑)

前の記事舞うなか、舞う。
次の記事講演会 中学3年男子 《人間力向上のために》