閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

スピーディに! エネルギッシュに!@第3学期始業.

投稿日2014/1/8

松の内も明けて、いよいよ本日から第3学期が始業いたしました。
さっそくモニターを通じて、校長先生から年頭のあいさつとともに訓話がなされました。
 
  **************************************************
 
◆「全国大会」に感謝
年末に行われた全国大会出場クラブの選手諸君、感動の場にわたくしたちみんなを連れていってくれてありがとう。また、会場に足を運んで精一杯の声援を送ってくれた生徒のみなさんにも感謝したいと思います。
実のところ、それぞれの会場には、ありがたいことに多くの卒業生たちが駆けつけてくれ、みなさんの頑張る姿に目を細めていました。こうした機会でもないと、なかなか旧交を温めることもできない同窓の輪がいくつもできていました。
勝負事は、勝つか負けるかのいずれかに決着しますが、こうしたさまざまな世代の卒業生たちが口々に「誇らしい」と後輩たちの懸命な姿に拍手をおくってくれていました。
あらためて、選手のみならず、ともに汗を流した部員たち全員の日頃からの努力に敬意を表したいと思います。
 
◆一年の計は元旦にあり
昔から「一年の計は元旦にあり」といわれてきました。この機会に、今年の目標を具体的に紙に書き出して家の目立つところに貼っておくようにしましょう。
学校は年度ごとに更新されていきますが、最後の学期である3学期の生活ぶりが次につづく新年度を決してしまうといっても過言ではありません。そうした意味からも、この3学期は締めの学期であるとともにスタートへの橋渡しの学期でもあるのです。
 
◆高校三年生へ
いよいよ大学入試が目前に迫ってきました。
この休暇中も自習室をはじめ、いたるところで、懸命に最後の準備に余念のない姿が多く見受けられました。
そうした努力が報われますよう諸君の健闘を祈ってやみません。
 
◆今年の干支にちなんで
今年は午年。干支は甲午(きのえうま)にあたり、六十通りあるそれらのうち、ちょうど折り返しのスタートにあたる三十一番目に相当します。
「甲」は堅いもの、殻のあるものを意味する漢字ですが、ちょうど中心の縦画がそんな殻を突き破って上へまさに出ようとするかのごとく見えます。
そうした意味からも、何か新たなことが始まろうとする予感めいたものを感じさせる一字です。
また、「午」は子午線の「午」。それぞれが北と南の対極を指し示し、これまた限りないエネルギーを感じさせます。
加えて、「馬」のスピード感とパワーにあやかり、スピーディかつエネルギッシュにこの一年を過ごしていきたいものです。
 
  **************************************************
 
そんな校長先生の言葉に呼応するように、この休暇中に本館脇の通路がご覧の通り「走路」に模様替え。
わずか40mほどの直線レーンですが、すべてのことはスタートダッシュにかかっているとなれば十分な距離でありましょう。(笑)
 
それぞれの目標に応じて、よりよいスタートを!
 
 

前の記事謹賀新年
次の記事【在校生へのお知らせ】 本校〈入試〉にともなう「臨時休校」等について