閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

昼顔.

投稿日2007/7/25

H190725.jpg

先日にひきつづき、井の頭公園にて。
同じヒルガオ科の「朝顔」が重宝される花にもかかわらず、「昼顔」の方は雑草扱いされている不遇な存在です。
その分、周縁の植物にからみながらさかんに根を張り、一番暑さ厳しい日中に咲きつづけるたくましさは見習わなければなりません。

花言葉は「絆」
これから、講習明けには各クラブとも続々と合宿に入ります。
寝食をともにし、同じ釜の飯を食いながら、その「絆」をいっそう深めてほしいものです。

ところで、朝顔昼顔ときたら、当然次にくるのは「夜顔」なのですが、これまた、瓜科の「夕顔」と混同されてしまっている可哀そうな花です。

それでは、またまた問題です。
その「夕顔」という名の女性とともに、その帖名(巻名)をもつ古典作品といえば???

前の記事久方ぶりに、夕焼小焼。
次の記事夏期講習(前期)が終了しました。