閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

団栗の….

投稿日2008/10/16

h201016-008.jpg

この時季、錬成館に通じる西2号館前の「南庭」あたりを通ると、
「ツカーン! ツカーン!」と靴音にも似た軽快な音色にびっくりさせられることがあります。
  
h201016-010.jpg
 
刻々と高くなりゆく空を眺めやったちょうどそのときに、直撃!
といったことも十分に考えられます。(笑)
まあ、その時は季節の手荒い洗礼を受けたということで、苦笑いするしかありませんが・・・。
 
さて、肝心の「団栗」(ドングリ)ですが、
昔から『団栗の背比べ』などと言われてきました。
あの森鷗外や太宰治などの作品の中にも出てくるフレーズです。
 
「どれもこれも似たり寄ったりで、さしたる違いがなく平凡なこと」
といった意味に使われるようです。
 
中間試験も週明けに迫りました。
終わってみれば『団栗の背比べ』なんて結果とならないよう、
ここは一つ抜きん出てライバルといい意味で競い合ってみてはいかがかな。

前の記事基礎、基本、そして反復。
次の記事中学2年女子特別授業 「働くということⅡ ~世の中のしくみを知ろう!~」