閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

基礎、基本、そして反復。.

投稿日2008/10/15

放課後、試験問題の検討をしていると、グランドからなにやら威勢のいい声が響いてきます。
公式戦を間近に控えた高校ラグビー部が、試験前の特別練習をしているのでした。
 
それこそ、試合も近いということで、戦術的なプレーの練習かと思いきや・・・、決してそうではありませんでした。
アップ代わりのパス練習とはいえ、よほど集中しているとみえて、乱れることなく流れるように楕円球が渡っていきます。
かえって、その動きにしばし見惚れてしまいました。
 

これは、一朝一夕にかなうことではありません。
おそらく、ふだんから繰り返し繰り返し続けてきたその延長線上にこうした洗練された動きが実現するのでしょう。
それでも、本番のゲームでは思いもかけない場面でハンブルしたり、パスミスが生じたり、ノックオン(前に落下)してしまったり・・・。
これ、偽りのない真実です。
 
なにもこのことは、ラグビーに限ったことではありません。
 
「走ることを一日でも怠れば、それを取り返すには最低三日かかる。」
 
あるマラソンランナーの言葉です。
 
みなさんが、今、人知れずコツコツと続けていること。
英単語や漢字の練習といった学校の勉強もしかり、趣味の習い事の類もしかり。
気の遠くなるほど先の見えないゴールですが、
その「基礎、基本」を大切に「反復」し続けることが肝要です。
学問に王道なし、といわれる所以がこのあたりにあるようです。

前の記事中間試験 1週間前 《時間割》発表!
次の記事団栗の…