閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

クリスマスリースによせて (付:期末試験時間割).

投稿日2013/12/2

師走、12月に入り、いよいよ2学期の総決算である「期末試験」が近づいてきました。
週明けの今日はちょうど「一週間前」につき、試験時間割が発表されました。
 
  ★ 第2学期 期末試験 時間割 (pdf)
 
ということで、今回は、週初めの9日から13日まで、休み無しの5日間。
体調を整えて最後まで全力で乗り切りたいところです。
 
 

 
ところで、今朝の中学朝礼では、先般行われた選挙にて当選した「生徒会役員」が、正式に承認されました。
 
折しも、女子部の校舎に、華道部師範の先生自ら手作りによる「クリスマスリース」が飾ってあるのを見つけました。
このリース、なにゆえ円環状なのかと申しますと、始めも終わりもなく継続されていくところの「永遠性」をあらわしているのだとか。
 
生徒会の活動も、これまで長年にわたり、連綿と先輩から後輩へと受け継がれてきました。そしてまた今年も、先述の通り、例年にも増してやる気に充ち満ちた新役員たちにそのバトンが手渡されたのです。
ぜひとも、そうした永遠に繰り返される時の「輪」に加え、生徒会の名に違わぬみんなの「和」が強く結ばれていくことに大きな期待を寄せたいと思います。
 
その実現に向け、校長先生からは「・・・一人一人が今一度、基本的な生活態度の見直しを!」と、これまたちょうどリースには欠かせない「柊」(ひいらぎ)の葉先のようにチクリと痛いお小言を頂戴いたしましたが・・・(笑)

前の記事父母の会主催 保護者勉強会 〈(今日この頃の)中高生について〉
次の記事久我山流〈女子力〉の源泉?@12/2特別講座「辰巳流日本舞踊」