閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

12/13 父母の会主催講演会 「日本人のしきたり」三橋健先生.

投稿日2008/10/7

nihonjinnosikitari.jpg

毎年恒例となっている父母の会主催の講演会ですが、
今年は、「日本人のしきたり」と題して、國學院大學神道文化学部教授三橋健(みつはしたけし)先生がお話されます。
 
 12月13日(土) 14:00
 國學院大學 渋谷キャンパス
 ※当日は、「学術メディアセンター」をはじめとする
  新装なったキャンパス内の見学もいたします。

 ところで、ひとくちに「しきたり」といっても、多種多様。
そこで、さっそく先生が最近お出しになった本を手にしてみました。
目から鱗の連続です。
内容からいって順序次第にしたがって読み進める必要はなく、興味ある「しきたり」から拾い読みできるのもうれしい限り。
こんなにも、わたくしたちの生活の中に「しきたり」があふれていたとは、それはいわば、祖先が生み出した「生きる」ための「知恵」であり、同時に「支え」「よりどころ」といった感を強くいたしました。
 
ご興味をもたれた方は、ぜひご一読あれ。
 
 
~ 本のデータベースから ~
 
 
図説子どもに伝えたい日本人のしきたり
              著者 三橋 健
              出版 家の光協会
              発行 2007年11月
 

第1章 暮らしのなかのしきたりの知恵(あいさつの心得と作法―不思議な力が通う笑顔のあいさつ/食事の作法としきたり―箸の正しい持ち方は、大人がお手本を示す ほか)
 
第2章 家の神と祖霊をまつるしきたり(家を守るさまざまな神さまたち―玄関にも台所にも神さまはやどっておられる/神棚とお札のまつり方―太陽が昇る方位にむけた高い場所 ほか)
 
第3章 暮らしと縁の深い神社のしきたり(近くにある神社の祭神と由来―氏神さまと氏子のかかわり/神社のさまざまな建物や施設(1)―神さまがまつられているのは本殿 ほか)
 
第4章 四季おりおりの行事のしきたり(初詣のしきたり―今年がよい年でありますようにと願う/年神さまを迎えるしきたり―しめ飾りと門松を立てて年神さまを迎える ほか)
 
第5章 人生の節目のしきたり(誕生と命名のしきたり―新しい命の誕生と赤ちゃんのすてきな名前のつけ方/お宮参りのしきたり―生後初めて近くの神社へ参拝し氏子の仲間入り ほか)

前の記事「能の歴史と世阿弥の目指したもの」 高校一年女子特別講座
次の記事ひと雨ごとに……