閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中学《学校》説明会 開かれる.

投稿日2008/10/4

h201004-006.jpgh201004-008.jpg

事前予約制による「中学《学校》説明会」が、本日予定通り
第1部は11:00から、お昼をはさんで第2部は12:30から、
男子は理科会館最上階の小講堂、女子は学習センター内カフェテリアにて実施されました。
教育方針にはじまり、進路指導あれこれ、そして入試要項の確認と、
今回はあらためて「久我山という学校を再確認する」といった内容でした。
 
h201004-002.jpgh201004-004.jpg

ところで、全体会に先立ち、1時間前からは希望者対象に校内見学も行なわれました。
10月に入り、中旬には「第2学期中間試験」をひかえていることもあって、
さぞかしどの教室も緊張感にあふれ、真剣な授業態度が見られたことでしょう。(笑)
 
h201004-011.jpg

その後、小さい秋を見つけに出かけた井の頭公園では
西日に照らされた紅葉葉が、まだまだ色づきには早く、小径に緑陰を落としていました。
 
受験勉強の実りも、これからが本番。
じっくり、自分色に染め上げていきたいものです。
それでも少しは色付いた葉はないものかと
恨めしげにその近辺の木々を見上げていたら、
なんとこんな一葉に出会いました。
 
h201004-015.jpg

おわかりになりますか?
写真中央にある黄色に色付き異彩を放っている一枚の葉っぱです。
あたかも秋の使者として天からしずかに降りてきたかのような様子でそよそよと微かな風に揺れていました。
 
おそらく、虫による透明な糸の先にからんで、高枝からぶる下がっているのでしょうけれど、そうした冷静な判断を一瞬奪ってしまうほど、魅力的で不思議な景色でした。
 
「小さい秋」、見つけました。
 
 
本日、説明会にご来校くださいました皆様方、
まことにありがとうございました。
これから本番までの日々、とかく「あれもしなきゃ、これもしなきゃ」と焦りがちです。
でも、大切なのは、目の前の一つ一つをこなしていくことがなによりかと思います。
「小さい発見」「小さな努力」を着実に積み上げる日々でありたいものです。
 
ご子女のご健闘をお祈り申し上げます。

前の記事《はなしことば教室》 中学一年女子特別講座
次の記事「能の歴史と世阿弥の目指したもの」 高校一年女子特別講座