閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中学3年 THE ENGLISH SPEECH CONTEST.

投稿日2013/11/8

中学3年生対象の〈THE SPEECH CONTEST〉
2年時の〈レシテーションコンテスト〉につづいての英語イベントです。
 
6時間目、男女そろって一堂に会し、クラス予選を勝ち抜いた代表のスピーチに耳を傾けました。
PRONUNCIATION(発音)、CONTENT(内容)、DELIVERY(話し方)の3項目について、厳正な審査の結果、第一席には、女子のY.Nさん「A Light of “Bravery”」が、そして、さらに第二席男子N.T君「The Environmental Problems」、次いで第三席男子T.S君「Less is More」が選出されました。
 
今回のスピーチコンテストでは、こうした上席のスピーチを見る限り、「いかなる困難にあっても不屈の精神をもって生きる勇気の尊さ」や、あの震災を風化させることなく「地球環境とその諸問題について」考えることを通じて、「わたしたちが生きていくうえでの本当の幸せについて」思いを深めるいい契機となったのではないかと思います。
 
〇 第一席 Y.Nさん 「A Light of “Bravery”」
  Have you ever thought of “Bravery” ? I would like to talk about a fifteen-year old brave girl (Malala Yousafzai) and what I learned from her.
 
〇 第二席 N.T君 「The Environmental Problems」
  We had a big earthquake two years ago, then, we had some effects and problems which won’t be solved. Let’s think about those themes.
 
〇 第三席 T.S君 「Less Is More」
  To be rich is not always to be happy. The more things that we can contentedly go without, the better off we will be. 
 
 
   ※ 以下の画像と動画は受賞該当者ではありません。
 

 
  【動画】 クラス代表(男女各一名)のスピーチの様子から

前の記事冬立ちける日、華やぐ。
次の記事11/8 「働くということ…世の中のしくみを知ろう!そして、今やるべきことは?」@女子部中学2年第2回特別授業