閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

中秋の名月.

投稿日2013/9/19


 
    秋風にたなびく雲の絶え間より もれ出ずる月の影のさやけさ
 
                            左京大夫顕輔  『新古今集』

 
春の「花」に対して、秋は「月」。
今宵は、「望月」(満月)と「中秋の名月」とが重なって、文句なしのお月見でした。
 
「花より団子」。
同じく「月見」に欠かせないのは、お月様を模した十三個のまんまる団子。
本来この月見団子は、食するものではなく、これまた自然の恵みに感謝しての「お供えもの」でありました。
 
でもやっぱり…
たっぷりのあんこにくるまれたおはぎだと、感謝の気持ちもますます膨らむような・・・。(笑)
 
みなさまは、どのようにこの夜長を過ごされましたか?
 

前の記事いよいよカウントダウン!
次の記事眠っている「物」や「本」はありませんか?