閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

備えあれば…@第2回災害避難訓練.

投稿日2013/9/17

 
 
   世の中は何か常なる飛鳥川昨日の淵ぞ今日は瀬になる
 
                 よみ人知らず    古今和歌集
 
 
川の名に違いはあれど、昨日までの台風がもたらした甚大な被害は、またしても人知を超えた自然の猛威を痛感するには十分過ぎるものでありました。
明けて今朝は、うってかわってうらめしいほどに天晴れな秋の青天に恵まれました。
 
  天災は忘れたころにやってくる・・・
 
 
 
本日、今年度2回目の「災害避難訓練」が実施されました。
しかも、今回は、これまでのようなクラスのメンバーが一所にまとまっていることの多い授業中ではなく、10時36分という「休み時間」における「警戒警報発令」といった設定にて行われました。
加えて、生徒諸君には予め訓練の存在を告知することなくサイレンが鳴り響きました。
  
それでも、高校グランドへ二次避難し、各クラスとも人員点呼を完了するまでに要した時間は、11分間。
十分、評価できる結果であったと思われます。
しかし、今日のように、余震もなく、天候にも恵まれ、なにより動揺したりパニックに陥ったりすることなく、有事の際も、今日のこの訓練のように冷静に動けるかどうかについては正直なところ未知数でありましょう。
 
やはり、どこまでも「備えあれば憂いなし」なのであります。

 

前の記事ご来校くださいましてありがとうございました!@9/14オープンキャンパス
次の記事いよいよカウントダウン!