閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

【インターハイ速報】サッカー部、3回戦で涙のむ。…全国ベスト16.

投稿日2013/8/3

本日も、真夏の強い日差しのもと、ベスト8進出をかけて、岐阜県代表の帝京可児高校と対戦しました。
 
2004年からチームとして本格的に強化を始動。今年は卒業後Jリーグ入りが内定している者や、日本代表候補など、有力選手も多く含まれた相手チーム。基本的には久我山と同じポゼッションスタイル(ボール支配型)のサッカー。それゆえ、どちらが先にゲームの主導権を握るかか鍵となっていましたが…。
立ち上がりに不安を抱えていたのは、昨日のゲームがその証しといえましょうが、今日もその点が修正される間もなく、開始1分、7分とたてつづけに失点していまいました。
その後、後半に入り、流れを呼び込みますが、相手ゴールネットを揺らすことは最後までとうとうできませんでした。 
 
全国ベスト16。
この経験を糧にして、冬の「選手権」に向けいっそうの努力を期待したいと思います。
 
   ご声援くださいました皆様方、誠にありがとうございました。
  
  
 第3回戦 8月3日 10:00 福岡フットボールセンター(人工芝)
 
   国学院久我山  vs  帝京可児(岐阜)
    前半   0   -   2
    後半   0   -   1
    合計   0   ―   3    ※
 大会公式サイト
 
 
                                 (11:34)

前の記事【インターハイ速報】髙橋叶君、遠藤宏夢君、3000m障害でともに「決勝」進出ならず
次の記事いのちの体験教室@久我山