閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

灯台もと暗し@中学1年「久我山周辺地域探訪」事前学習会.

投稿日2013/6/5


 
  「この学校の所在地が、必ずしも杉並区じゃないって本当?」
 
  「古地図をみると、烏山地区にお寺マークが急に増えてくるのはなぜ?」
 
  「すぐ近くの妙壽寺にある鐘は、なぜ割れているのだろう?」
 
  「専光寺というお寺には、浮世絵で名高い方のお墓があるらしい」
 
 
意外にわかっているようで、知らないことの多い身近な街の歴史や文学。
 
例年、フィールドワークの第一歩として中学一年生が取り組んでいる「久我山周辺地域探訪」
今日は、その事前学習会が行われました。
 
その本番は、来週から各クラス2時間つづきで実施される予定です。
 
しだいに紫陽花も色づき、その葉陰では蝸牛が雨宿りする季節。
梅雨時のさまざまな生き物たちへの興味関心も抱きつつ、有意義な「散歩」の時間としゃれこみましょう!
 

前の記事「芸術」鑑賞 あれこれ
次の記事6/5 「科学者1年生からのメッセージ」@高校1年特別講演