閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「ちょうどいい距離感」@杉並中野私学フェア.

投稿日2013/5/28

 
 
本日、中野サンプラザにて行われた《杉並中野私学フェア》
 
平日の昼過ぎという厳しい条件にもかかわらず、予想に反して熱心な保護者のみなさまに多く集まっていただき、教職員ブース(13階)のみならず、在校生父母と語るコーナー(14階)も、人の波が絶えることなく、常に活況を呈していました。
 
さらに、トリをつとめることになった本校の「ミニ説明会」にも、たいへん多くの方々にお集まりいただきました。

 
なお、その「説明会」では、現在の「國學院久我山」にみられる「ちょうどいい距離感」についてさまざまな角度からお話させていただきました。
以下は、そのほんのさわりまで・・・
 
  
● ちょうどいい距離感 その1 ~「男子・女子」編~
 …学習環境を男女別にしていることのメリットは…、一方、課外活動での共学的雰囲気は…。
 
● ちょうどいい距離感 その2 ~「生徒・先生」編~
 …生徒諸君の内発的で自主的な学習態度を喚起するためのさまざまな仕掛けとは…。
 
● ちょうどいい距離感 その3 ~「日本文化」編~
 …なぜ、男子には武道を? また女子の特別講座が求めているものは?…。
 
● ちょうどいい距離感 その4 ~「進路指導」編~
 …あとがない高3での直接的な進路指導を活かすための、中学段階での啓蒙的な取り組みは…。
 
● ちょうどいい距離感 その5 ~「クラス編成」編~
 …クラス編成に限らず、久我山には何事も特化し尽くさない柔軟性があるといえそうですが…。 
 
 
    このつづきは、今後さまざまな形で行われる本校主催の説明会にて…(笑)
    「百聞は一見に如かず」とも。
    学校見学も兼ねてお気軽に学校までお越しください。
 
 
それにしても、こうしたブース形式にて個別にお話させていただく場というものは、
全体会とはちがって、まさに「受験生」と「学校」との「ちょうどいい距離感」を感じさせるものです。
 
     本日は、ご来場くださいまして誠にありがとうございました。
      

前の記事五分後の精神…?
次の記事【動画】お山の女神も微笑んだ!@男子部高校1年〈研修会〉第3日の夕べ