閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

男子、厨房に入る…べし!.

投稿日2013/5/15

 
今週は、中学1年生の「調理実習」ウィーク。
献立は、みずみずしいこの季節にマッチした「フルーツ白玉」でした。
しかも、プルーンに加えて春菊をすりつぶした草餅風グリーン白玉入りとなれば見学しないわけにはいきません。
 
ということで、あえて男子のクラスにお邪魔しました。(笑)
あたまにバンダナをまいてのエプロン姿は、みんな、なかなか様になっていました。
 
さて、肝心の調理とその出来映えは、どうだったでしょうか?
 
・・・次のページをご覧ください・・・

 

なれない包丁さばきに、肩がカチコチです。
 

シロップ作りに取りかかりましょう。
 

さて、いよいよ春菊の葉も煮込みます。
 

くれぐれも火傷しませんように・・・
 

ゆ、ゆびを切っちゃうよ!!!
 

鋸みたいにギーコギーコ…(笑)
 

さて、お団子づくりです。
 

よくこねて、まぜて…
 


「もうちょっと水足した方がいいんじゃない?」
「そうだね、じゃあ、よろしく!」
 

協力するのはいいけど、そんな小さなボールにみんなで手を入れても…(笑)
 
 
それでも、きれいにまぶしましたね。
 

「えーと、浮かんできてから2分間だよ」
「・・・51、52、53・・・」
 

その間に、フルーツも準備がととのいました。
 

盛りつけて、シロップかけて・・・
「あっ、俺の白玉一つ少ないぞ!」
 

量の微調整にはいりました。(笑)
 

 
さあて、待ちに待った試食タイム!
「お、けっこういけるじゃん」
「おいしいよ!」
 

 

ということで、特別におこぼれを頂戴いたしました。
草の香がほんのりと甘さにからみ、柔らかすぎず固すぎずほどよく粘り気もあって、とても美味でした。
お世辞でなくたいへんおいしくいただきました!
ありがとう!
 

 
料理上手は、片付け上手。
 
 

 
その後、にぎやかな家庭科室をあとにして、南庭にでてみれば、それ以上に騒々しいではありませんか!
見れば、色づきはじめたサクランボをオナガドリとカラスの群れが、しきりに奪い合っています。
 
こうして、内でも外でもおいしいフルーツをめぐる熱いたたかいが繰り広げられていたのでした。(笑)

前の記事5/13 特別授業〈EUが久我山にやってきた〉
次の記事一日一生