閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

二兎を追わぬ者は一兎をも得ず・・・?.

投稿日2013/5/13

いよいよ今年度初の定期試験に向けて本日「一週間前」に入りました。
いったんクラブ活動も停止し、試験モードに切り換えねばなりません。
 
   ★ 中間試験 時間割 (pdf)
 
とはいえ、グランドでは、目下上部大会に向けて勝ち進んでいる運動部が、特別許可を得て短時間の調整練習に汗を流しています。
 
昔から「二兎追う者は一兎をも得ず」と言われてきました。
欲を出して同時に二つのことをすると、結局はどちらも失敗するというたとえです。
 
しかし同時にこの諺は、あちらこちらに気を散らして集中できない者への戒めともいえそうです。
何事もきちんとけじめをつけて臨むのであれば、かえって「二兎を追う」ほどの活力が欲しいところです。
 
ゆえに正しくは、「二兎を追わぬ者は一兎をも得ず」ではないでしょうか。
管理人は、知っています。
部活動をいいかげんにせず懸命に取り組んでいる者は、たいてい勉強もできるということを。
そういう者は、とてもバイタリティにあふれていることを。
そして、そういう者がきちんと結果を残してきたことも。
  
「文武両道」
これこそがやはり真に求められる理想の姿なのではないでしょうか。
 

前の記事インターハイ出場目指して
次の記事5/13 特別授業〈EUが久我山にやってきた〉