閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

気宇壮大.

投稿日2013/5/10

 
ここ数日の夏日を思わせる暖かな陽気もあってか、一気に開花が進んだようです。
 
今年も、南庭では、錬成館を行き来する生徒諸君を見守るように、「エゴノキ」の白い花が鈴なりの姿を見せてくれました。
 
一見、お淑やかで慎ましやかな花のようですが、一説には、働き者の「蜂」のみが留まれて、怠け者で脚力の弱い「(ハナ)アブ」や「ハエ」は容易に留まれないように下向きなのだとか。
 
そんな子孫を確実に残すためのしたたかさがひかえめな花の姿に隠されていたとはつゆ知らず…。
 
そう思うと、この花言葉が「壮大」であるというのもうなずけるような気がします。
 
「気宇壮大」・・・
わたくしたち人間もまた、大切なのは、見た目の振る舞いや態度ではなく、あくまで内面の心意気や度量の大きさであるということをこの花は教えてくれています。

前の記事【お知らせ】 5/13 出張授業「EUがあなたの学校にやってくる」
次の記事Discover KUGAYAMA !