閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

新緑の風景をきりとる@中学1年〈写生会〉.

投稿日2013/4/30
 
はじめての学年行事である〈写生会〉。 
 
いったん学校を離れて過ごす解放的な時間は
入学以来一ヶ月たった中学一年生にとっては
なによりほっとできるひとときであったことでしょう。
ましてや、その舞台が、一年中でもっとも生命力に充ち満ちた
新緑の井の頭公園とあればいうことなしです。
そんなみんなの願いが天に届いたものか、
時折ぱらつく雨の影響もさほどではなく、無事現地で描き上げることができました。
 
新鮮な景色を切りとってスケッチされた風景画もさることながら
こうして新しい友だちと過ごした楽しい時間が
それぞれの心のキャンバスに
どんな印象画を描いたのでありましょうか。
 
 ※ 次ページに写真を集めましたので、どうぞご覧ください。
 

グループごとに思い思いの場所に陣取ってさっそく景色を切りとりはじめました。
 

新緑とともに、紫の鮮やかな藤棚のもとで筆をすすめている幸せ者たちもいました。
 

いっしょに描きたくなるような風景がたくさんありました。
 

弁天様近くの茂みには季節の花シャガが咲き乱れていました。
 

雨ニモマケズ・・・ともに、完璧です!(笑)
 

やはりみんな水に惹かれるんですね。ところで、池の面は何色に見えたかな?
 

一方、神田上水源流近くで、杜若(カキツバタ)の花を愛でながらのグループも…
 
 
途中、空を見上げると、葉脈が透けた柔らかな「カエデ」や、
誰しも思わずその名を知りたくなる「ナンジャモンジャ」の白い花が満開でした。
 
 
散歩中の方が、しばしその足をとめてしきりに誉めてくださいました。
公園駅近くの水辺では、次の季節の主役、紫陽花の赤ちゃんの姿も…
 
お疲れ様でした。 

 

前の記事新緑につつまれて… 〈Open Campus〉
次の記事誇り