閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

技と力の競い合い@男子部高校2年《武道大会》.

投稿日2013/1/26

《寒稽古》最終日の今日、柔剣道ともにその集大成として恒例の《武道大会》が開かれました。
 
「柔よく剛を制す」の言葉通り、相手の動きをよく見て技ありの一本勝ちを決めるものあれば、
「攻めは最大の防御」とばかり、「はじめ」の掛け声とともに力で相手をねじ伏せるものもあり。
たいへん見応えのある試合がつづきました。
 
それもこれも、「相手」の存在あってのこと。
礼に始まり礼に終わる…武道から学ぶことははかりしれません。
 
  ★ 【動画】 →  剣道の部 ・ 柔道の部  (それぞれ約2分間)
 
 
 

 

 

前の記事中学2年《The English Recitation Contest》
次の記事アサーションな表現をするためのテクニックとは…@男子部中学1年《カウンセリング授業②》