閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

『あったかいゆめをみていました。』@中高演劇部〈冬期公演〉.

投稿日2013/1/23


音響や照明もふくめ、わずか10名でつくりあげた舞台、『あったかいゆめをみていました。』

もしも「本」の中からあこがれのあの人が現れたならば皆さんはどうなさいますか?
仕事の成功や地位や名誉なんかより大切なものは何だと思いますか?

そんなことを感じさせるファンタジックな世界を体当たりで演出しています。

※動画(約2分間) 中高演劇部 冬期公演 『あったかいゆめをみていました。』

Happiness is itself a kind of gratitude.
(幸福というものは、すなわち一種の感謝の気持ちに外ならない。)
ジョセフ・ウッド・クルーチ 〔アメリカの演劇評論家〕
~ 手作りパンフ より~

はやくも明日が千秋楽。
寒い日がつづくなか、
みなさんも少しばかり
「あったかいゆめ」を見に来ませんか。

中高合同演劇部 冬期公演
『あったかいゆめをみていました。』
1月24日(木) 18:20開演
久我山会館

前の記事春、遠からじ。
次の記事「稽古」とは…