閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

春、遠からじ。.

投稿日2013/1/22

心配された雪に見舞われることもなく、本日無事に「高校推薦入試」が行われました。
きけば、中学入試につづいて再び挑戦したという受験生の姿も…。
はたして、待ち望んだ3年越しの「春」を手にすることができたでしょうか。
 
 
 
 
 
 
ところかわって、学校にほど近い名刹、深大寺あたり。
「先見」や「先導」といった花言葉をもつロウバイ(蝋梅)が、その透き通った花びらと芳しい香を放ちつつ、春のそう遠くないことを伝えていました。
また、雪囲いを映す池の面や、梢をせわしく渡るコゲラ、いよいよ膨らむムクロジの実など、
寒風の吹きつけるなかにあっても、そこかしこに早春の息吹を感じることができました。
 
受験生はもちろん、在校生も含めた挑戦者たちの健闘を祈るように。

前の記事恋心、花に託して。
次の記事『あったかいゆめをみていました。』@中高演劇部〈冬期公演〉