閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

【動画&画像】1/5 「花園」便り@全国高校ラグビーフットボール大会〈準決勝〉.

投稿日2013/1/6

「もし昨年、中途半端な順位であったなら、今年のこの結果は得られなかったと思います」
 
新春の風物詩、「箱根駅伝」にて30年ぶりに総合優勝を果たした日本体育大学の監督がレース後に語った一言です。
64年連続出場、通算優勝9回を数える名門も、昨年19位と低迷、今大会へは予選会からのスタートとなりました。
そしてこの一年間、単に走ることのみならず日頃の生活態度に至るまでのすべてを見直して取り組んだとのこと。それもこれも、どん底からの再出発だったからこそ実現した意識改革だったのでしょう。
 
 「0対57」
 
ならば、このスコアはチャンスの到来を告げる数値にほかなりません。
さっそく、1年生にしてスタメン出場したT君が、試合後のインタビューにて次のように誓っています。
 
  「筋力アップを頑張り、花園に出場してベスト4以上を狙いたい」
  
 
     ★ 【1/5 準決勝 ダイジェスト動画 約2分間】
 
 

前の記事【速報】第92回全国高校ラグビー:準決勝にて敗退。
次の記事新たなる再生のとき@第3学期始業