閉じる

木彫りの「薔薇」.

投稿日2022/11/25


 
 
 「今年もこの姿がようやく見られるようになりましたね」
 正門の守衛さんが、そうつぶやいては空を見上げる。
 
 その先には、学校のシンボルともいうべきヒマラヤ杉の堂々たる姿が。
 そして、この時期になるときまって現れ出る木彫りの「薔薇」の花。
 
 正しくはその名を『シダーローズ』と呼ぶ
  
 クリスマスのリースなどにも使われる「杉」(シダー)の球果。
 それがなんとも不思議なことに、薔薇の花そっくりに形づくられ、しかも今日のような小春日和には、その温い日の光に反応して、少しばかりその花弁を開いていくというからどこまでも神秘に満ちている。

 「あなたのために生きる」
との花言葉を持つヒマラヤ杉の、この時期ならではの心憎い演出か。
 
 
 

 

前の記事見渡せば 日光の御山 雪化粧