閉じる

「カイキ」な月食.

投稿日2022/11/8
2022.11.8 20:00頃 〜スマホにて〜

 
 皆既月食に加え惑星食がおこる天体ショーは、実に442年ぶりとのこと。
 時は1580年(7月26日)ということになりますので、かの織田信長はどんな気持ちで眺めたものでしょうか。
 見様によっては、時間とともに光を失いやがておどろおどろしい赤銅色に染まってしまうこの「皆既」月食を、さすがの信長も実に「怪奇」なものと恐れ動揺したかもしれません。

 歴史を紐解けば、信長にとっては、5年前の1575年、伝来の鉄砲を駆使して「長篠の戦い」に勝利し、11年にわたり続いた「石山本願寺」との合戦にようやく同年8月に終止符を打って政権を確立するも、その2年後にはいわゆる「本能寺の変」を迎えることと相なるわけです。
 
 次は、322年後の2344年とのこと。
 はたして、その頃はどんな時代になっていることでしょうか。
 
 ところで、たたかいといえば、この週末、サッカーやバスケット、そしてラグビーが都の代表権をかけての一大決戦に臨むことに。
 今夕、夕闇迫るグランドには、ラグビー部の諸君が大きな円陣を組んでチーム一丸となっている姿が見られました。
 

前の記事「寛容」のこころ
次の記事「かわいい」?