閉じる

天翔る 〜残暑お見舞い申し上げます〜.

投稿日2022/8/17
2022.8.16 蓼科クロスカントリーコースにて

 
  残暑お見舞い申し上げます
 
下界の猛暑とはまったくもって別世界の標高1500mを超える高原に広がる信州蓼科クロスカントリーコースは、日中の最高気温でも10度台の涼しさ。

八ヶ岳北端のたおやかな名峰、蓼科山をバックに、眼下には開けた佐久平に裾野をのばす浅間山の勇姿までも望まれる壮大なロケーションもまた、選手らのモチベーションをいやが上にも高めてくれるようです。
 
そんな恵まれた大自然の中、高地順応しつつ、敢えてこの時期ゆえに不整地を選んでは、秋以降の駅伝シーズンに向けて充実した走り込みをおこなっています。
 
 
 
雲の流れに乗って、時折吹きつける嶺おろしに背中を押されながら走るその姿からは、本校の記念歌にも採られた「天翔る」という言葉がふと浮かんできました。
 
八月も後半。
まだまだ暑い日が続きます。
どうぞご自愛のほど。
少しでも涼味をお届けできればと…。

 

前の記事枝ぶりの日ごとにかはる芙蓉かな
次の記事〈久我山・四方山〉水鏡