閉じる

チーム一丸となっての2連覇! 23回目の「都大路」へ 〈高校男子陸上競技部〉.

投稿日2020/11/5


 
 去る11月3日の文化の日。荒川河川敷特設コースにて行われた「第71回全国高等学校駅伝競走大会 東京都予選会」において、本校高校男子陸上競技部は、全7区間(42.195km)のうち2区間でコースレコードを叩き出す快走ぶりを見せ、2時間7分54秒で見事逆転勝利を収めました。
 
 
 
「気持ちで負けました」
  國學院久我山高校の目標は、あくまで「全国」の舞台で、並居る強豪校と渡り合うことなはず。
  そのためにも、レースを振り返りきちんと反省する必要がある、
  しかし、一概に「反省」するといっても、一番いけない反省の仕方は「気持ちで負けました」。
  これは、オリンピックの決勝レースでメダルを取るような
  トップアスリートがいよいよのところで口にするべきセリフだ。
  高校生の段階での反省は、より具体的なものでなければ次に生かすことができない。
  それは、突き詰めていけば、「これこれの練習が不足していた」ということになろう。
  強くなるためには、「努力」の積み重ね、「練習」の積み重ねしかない。
  長距離レースはそんなに甘いものではない。
  「練習」と「努力」を積み重ねたものが勝利するのだ。
  
「目先」にとらわれない
  練習の際に大切なのは、今この時の状態・状況だけにとらわれて行動しないこと。
  目標はずっと先にある。
  だから、決して昨日今日の「目先」だけでうまくいったからといって、
  その努力はしかし決して無駄にはならないだろうが、
  残念ながら遠大な「目標」の達成にはつながらないかもしれない。
  あくまで、「目標」までの道のりを見通した上で、
  目の前の今日明日について、具体的に何をどのように
  練習すべきか見極めることが肝要である。
 
 

 コロナ禍にあって思うように活動ができずにいた頃、ミーティングにて監督が語った言葉の中より・・・。
 こうした監督の思いを胸に、正選手のみならず、全ての部員の力が結集されてもぎ取った「優勝」でした。

 
 ご声援くださいました皆様方
 誠にありがとうございました。
 
 「全国高校駅伝」の晴れ舞台は、来月12月20日(日)。
 さらなるご声援のほどよろしくお願いいたします。

前の記事オンライン久我山祭 「イベント」day!
次の記事結び目 〜久我山祭「巨大アート」に思う〜