閉じる

つづけること 〜「災害避難訓練」に寄せて〜.

投稿日2020/9/30


 
 
  歩きつづける 彼岸花 咲きつづける
   
                山頭火
 

 
 暑さ寒さも彼岸まで、とはよく言ったもので、ここにきて一気に秋の気配が深まりを見せています。そんな中、自転車置き場の片隅で「彼岸花」が今なおその確かな存在感をもって天空にのびていました。
 
「咲きつづける」彼岸花。
 曼珠沙華ともいわれるその傍らを黙々と
「歩きつづける」旅人の孤高の姿が浮かんでくる一句です。
 
 「継続は力なり」とも。
 折しも、今日は「災害避難訓練」を全校一斉に実施しました。今回は、その内容も感染予防の観点から教室内での「一次避難」にとどまりましたが、予告なく発せられた模擬放送にみんな即時反応できていたようでした。
 
 なにごとも、始めること以上にそれをしつづけることの方が難しいものです。
 自然災害に対する備えもまた然り。
 具体的な行動のそれもさることながら、そうしたリスクに対する意識の備えも保ちつづけることがなにより肝要かと思われます。
 

前の記事菫 smile 〜新たな『久我山祭』の創造へ向けて〜
次の記事【閑話】名月や 〜お月見に〜