閉じる

願いと祈りをこめて 〜泰山木〜.

投稿日2020/6/24


 
 ふつうは高所の枝先に、しかも上向いて咲くため、なかなかその全貌を目の当たりにすることが出来ない稀有な花なのですが、このたびはちょうど目の高さに規格外の大輪を拝みつつ、その芳香に浴する幸運に恵まれました。
 
 泰山木(たいさんぼく)
 
 「大山木」とも。モクレン科のこの花言葉は「前途洋々」とのこと。
 
 奇しくも、本日からまさに手探り状態で「通常登校」に移行。
 そうしたなか、生徒のみなさんや学校の「前途」をふくめ、さまざまなことに願いと祈りをこめて…。
 
  ゆふぐれの 泰山木の白花は われのなげきを おほふがごとし
                   斎藤茂吉『つゆじも』より
 


 〜調布・深大寺にて〜

前の記事多生の縁
次の記事「忘れ草」に、こと寄せて。 〜野萱草〜