閉じる

FOR HOPE.

投稿日2020/4/13

 
皆さんへ

 皆さん、それぞれが精一杯頑張っていると思います。
でも、苦しくて泣きたくなったり、不安になったり、何かにすがりたくなったり。色々な気持ちが湧いてくると思います。それが当たり前なのだと思います。
 私も、夕方に発表される日々の感染者数に胸が苦しくなります。
 そんな中、あるコンサートの配信(YouTube)に巡り合いました。
 外出禁止令が続き、全く人のいないイタリア・ミラノの大聖堂で、アンドレア・ボチェッリが歌っています。タイトルは「Music For Hope」で、新型コロナウイルスで大きな打撃を受けている人たちに、愛と希望のメッセージを届けるために開かれました。「希望のための音楽」とでも訳せば良いのでしょうか。5曲25分ほどの映像です。最後の曲は、皆さん一度は聴いたことのあるアメイジンググレイスです。
 人気のないイタリアの街やパリ、ニューヨークの様子も映し出されます。悲しくて涙が頬を伝いますが、歌声からは強い希望を感じます。また、歌声が、コロナと最前線で戦う全ての人々の強い決意にも聞こえてきます。

 私たちはウイルスの前に全くの無力なのでしょうか。いいえ、違います。
 音楽や芸術は、この非常時に全く無力なのでしょうか。いいえ、違います。

 皆さんにも、この歌声を聴いて欲しいと思います。普段、音楽なんて聞かない人も、こんな機会に、是非。

   副校長 髙橋秀明 より
 


 ※ YouTube – https://www.youtube.com/andreabocelli  より

 ※ アンドレア・ボチェッリ 公式サイト は こちら

前の記事『共感』@3/18 ドイツ「メルケル首相」の国民への「メッセージ」から
次の記事「記念歌」あれこれ 〜『それぞれの季節』編〜