閉じる

相手あっての物種 @男子部高校2年《武道大会》.

投稿日2020/1/25

   
 
  
 
 寒稽古の最終日である今日、その集大成として恒例の「武道大会」(男子部高校2年の部)が開かれました。
 柔道剣道ともに、代表5名(補欠2名)によるクラスの威信をかけての闘いが繰り広げられました。  
 
   
  
 勝負事は、筋書きのないドラマ。
 試合のほとんどが「一本」で決着するということもあり、日頃の授業と今週の稽古の成果がうかがわれる大会となりました。
 また、柔道・剣道ともに、そうしたレベルの高さもあってか、選手のみならずクラスメイトたちもしきりに声援をおくり、会場は一体感あふれる熱い雰囲気に包まれていました。 
 
    「相手」あっての物種
 
 ともあれ勝敗は一瞬の駆け引きの結果。
 そうした勝ち負けを越えて、今ここの「自分」の力を十二分に引き出してくれた有り難い「相手」に対し、くれぐれも「感謝」の気持ちを忘れないようにしたいものです。

前の記事will,can,must × Do = Being @女子中学3年《続・働くということ》
次の記事「はだれ雪」のごとく@中学〈版画〉作品展示中