閉じる

書は心の鏡@中学〈校内書き初め展〉.

投稿日2020/1/18

   
 
    各学年の《特選》受賞作品

 
 今年も廊下に墨香漂う季節となりました。
 
 筆の運びも十人十色。
 その時の心のありようが、如実に紙面にあらわれ出て実におもしろいものです。
 
 とかく世の中はスピードと効率が優先される風潮にあるなか、一画一字、丁寧に神経をはらいながらじっくりと時間をかけて取り組む書の世界は、自分自身を見つめ直す絶好の機会となったことでしょう。
 
 芸術科(書道)の先生方によって各クラスから選出された《金賞》の作品をどうぞご覧ください。
 
■ 中学1年
 
 
■ 中学2年
 
 
■ 中学3年
 
 
 ところで、ずらっと並んだ廊下に、ひときわ お〜きな「開拓精神」のもち主の作品が一編だけありました。
 このぐらい「型破り」でなければ、未開の地を怯まず切り拓いていくことなどできますまい。(笑)
 

 

前の記事「稽古」とは… @中学3年《寒稽古》
次の記事在校生のホットな思い、受験生へ。@中学「学校説明会」最終回