閉じる

〈全国書道コンクール〉に9名が入賞@第48回「全書芸展」(全日本書芸文化院).

投稿日2019/12/14

 
歳末恒例の《全国書道コンクール》(主催:全日本書芸文化院)にて、今年も中学生全員が出品し、個人として下記の9名優秀賞に選ばれ、あわせて、団体としても学校が「優秀賞」をいただきました。 
 

 
「書は心の鏡」とも。
場内所狭しと並んだ心の墨跡を辿るうち、おのずとこちらの心までも穏やかになってきました。
 
 
    令和元年度 全書芸展
    全国書道コンクール
     主催 全日本書芸文化院
     後援 文化庁・東京都
 
   会期:12月12日(木)~23日(月)
   会場:国立新美術館 (入場無料)
   時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
       最終21日(月)は14:00終了(入場は13:30まで)
 
 
 
なお、今年も本校芸術科(書道)の高市達也先生(号・乾外〔けんがい〕)の大作も展示されていますので、あわせてご覧ください。
 

  
  「飛泉灑」

その独特な筆勢のごとく、まさに泉水が迸り出てくるような印象の作品でした。 
一方、会場の外では、特別展示品の「光の茶室」に、神々しいまでの光の帯が降り注いでいました。
 

前の記事「どんな人にも役割があり、価値のない存在などありません」@男子部中学2年〈命の大切さを学ぶ教室〉より
次の記事在校生が、笑顔で「おもてなし」。@中学入試 直前講座 〜久我山の入試 この一問〜