閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

激走! 2年ぶり22回目の「都大路」へ @高校陸上競技部.

投稿日2019/11/2

昨年の悔しさをバネに見事にチーム全員の「走」力戦で東京チャンピオンに返り咲きました。
今年の予選会は、台風の影響で例年の荒川河川敷から舎人公園陸上競技場でのタイムレースとなりました。
10km区間の長丁場から3kmのスピード勝負まで、7区間中6区間で区間賞を獲得、残る区間もトップと1秒未満の2位につけ、総合タイム2時間6分1秒で2位に2分近くの大差をつけ、まさに文句なしの完全優勝といえるレースとなりました。
 
ただし、あくまで選手たちの目標は師走の都大路を駆ける「全国高校駅伝」にてゴールテープをトップで切ることです。
2年ぶり22回目の出場となった久我山健児たちのさらなる成長に期待したいと思います。
 
 
  ※動画ダイジェストは第4区〜第7区です

 

前の記事久我山祭2019、秒読み! 「阿呆になれ」
次の記事熱気に満ちた「阿呆」たちの祭典@KUGAYAMA FES 2019