閉じる

中学体育祭「前夜」.

投稿日2019/9/27

            通学路の玉川上水「兵庫橋」付近にて
 
 
上水沿いのそれは、例年に比べ少しばかり花開くのが遅れたように思われます。
今年に限り、「暑さ寒さも『彼岸花』まで」とでも。
  
「曼珠沙華」の異名をもつこの花こそ、今朝のような秋天を衝く姿がふさわしいようです。
  
  つきぬけて天上の紺曼珠沙華     山口誓子
 
さて明日は、いよいよ「中学体育祭」
あの漂泊の俳人、山頭火になぞらえて・・・
 
  「走りつづける」彼岸花咲きつづける   (※)
  
そんな活気に満ちた一日になりそうな予感がします。

 
   (※)歩きつづける彼岸花咲きつづける   種田山頭火

前の記事ワラビーズの卵たちがやって来た!
次の記事天高く 翔ける @ 創立75周年記念〈中学体育祭〉2019 【スライドショー】