閉じる

身も心も「五色」に染まる@男子中学2年自然体験教室〈第2日〉.

投稿日2019/9/2

 

 
女子部と同様、今日の「奥白根山」は、私たちに大自然のもつ素晴らしさと紙一重の厳しさをも教えてくれました。

苔むすカニコウモリの群生地を抜け弥陀が池に達すると、目の前にその威容を放つ奥白根の岩衾が圧倒的な存在感をもって迫ってきました。


 
そして、慎重に岩場を越えて頂上も間近となったころ、時折強風が吹きつけるようになり、歩みを妨げることも。
 
そんな突風を避け、ガレ場を転げるように下り、神秘的な五色沼へ。
ようやくお弁当を広げてホッと一息ついたかと思いきや、にわかに雨が降り出して火照った体もおのずとクールダウン。
 
こうして、男子もまた実にバリエーションに富んだ山歩きとなりました。
加えて最後の最後に、深い森の中で熊の真新しい皮剥ぎの跡にも遭遇。
あらためて我々人間はそんな野生の生き物たちの世界の只中を、しばしの間、歩かせていただいていることを実感した瞬間でもありました。

前の記事静謐な湖沼を見下ろして@男子中学2年自然体験教室〈第1日〉
次の記事幻想的な尾瀬を満喫@男子中学2年自然体験教室〈第3日〉