閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

「菰巻き」をとる頃には….

投稿日2012/11/10


 
中学、高校ともに校内で行われる〈学校説明会〉も、本日で最後の機会となりました。
 
土曜日ということもあり、受験生本人の姿も多く見受けられました。
 
グランドでは、大一番を翌日にひかえた中高のラグビー部員たちが、ピリピリとした雰囲気の中、最後の調整に余念なく汗を流していました。
 
さて、今年も前庭の松に「菰巻き(こもまき)」が施される季節となりました。
害虫から身を守ることで松の健やかな生長を願う先人の知恵をそこにみることができます。
この「菰巻き」は、これからやってくる厳しい季節を乗り越え、あたたかな「春」の到来とともに外されることになります。
 
どうか、受験生のみなさんも、待望の「春」をむかえられますように。
ご健闘をお祈り申し上げます。
本日は、多数ご来校くださいまして誠にありがとうございました。
 

前の記事冬立てる日、色とりどりに咲き誇る。
次の記事22年連続38回目の《花園》へ!@11/11高校ラグビー都大会「優勝」