閉じる
この記事は1年以上前の記事のため、内容が古い可能性があります。

《学習センター》内覧会.

投稿日2008/4/5

先月末29日に無事竣工式を済ませた《学習センター》の内覧会が教職員対象に行われました。
 
「環境に配慮した校舎、子供たちと共に育っていく校舎」をコンセプトにした《学習センター》
久我山のキャンパスに新たな環境空間が現出いたしました。
 
それでは、少しばかり中をのぞいてみましょう。
 
029.JPG028.JPG
本館校舎側(東側)からみた《学習センター》の玄関です。
 
022.JPG024.JPG
入ってすぐ正面の吹き抜けにあるタワーが「クリモタワー」です。
冬は最上部に溜まった熱を階下に取り込み、夏は館内の熱溜まりを外部へ放出する大きな樹木のような存在でしょうか。今からその効果のほどが楽しみです。また、今はまばらな蔓植物も3年かけて生い茂り、目にも優しい緑なすタワーとなる予定です。
 
026.JPG025.JPG
こちらは南に大きく開けた「カフェテリア」です。実際の営業はゴールデンウィーク明けになりますが、ホットメニューからパン類に至るまで種類豊富に育ち盛りのお腹を満たしてくれることでしょう。
 
0171.JPG018.JPG
2階へ上がると、外から光も風もほしいままに取り込むことのできる普通教室が並んでいます。この自然換気法により、ほとんど空調機のお世話にならずに快適な生活が実現しそうです。
ちなみに黒板は上下に高さが自由に変えられる可動式です。
 
019.JPG
北側の教室から玉川上水方面を眺めると、センター脇に新たに植えられた桜が竣工を祝福するように咲いていました。
 
016.JPG
教室を出ると、落ち着いた雰囲気のこうした共有スペースが広がっています。
 
021.JPG015.JPG
こちらは、個別ブースに仕切られた「自習室」です。自ら調べ自ら学ぶ、その実践の場として積極的に有効利用したいものです。
 
010.JPG012.JPG
3階に上がると、「コール教室」があります。英語のリスニング対策をはじめ、さまざまな学習に活用されます。
なお、床には自然の換気を施す空気穴が空いているのも特徴です。
 
008.JPG007.JPG
豊富な蔵書数を誇る「図書館」もしばらく間借り生活を余儀なくされていましたが、ここにあらためて埃を払って広々としたスペースに生まれ変わりました。
もちろん図書検索用のパソコンも完備しています。また、なにより書棚の背が低くあることで圧迫感のないゆとりの空間を実現しています。
 
009.JPG
クリモタワーを上から見下ろすとこんな感じになります。
 
013.JPG
女子用のお手洗いには、緊急時における警報装置も備えつけられています。
 
005.JPG001.JPG004.JPG
最後に天気もよかったので、屋上に上がってみました。
そこは、緑化できる植栽スペースも用意され、太陽エネルギーをふんだんに取り入れるための太陽光パネルも設置されていました。
 
 
こうして、細部にわたりとことん環境に留意したこだわりの《学習センター》。
設計者をはじめ建設に従事した方々の長い歳月をかけた苦労の跡がわずかな時間ではありましたが、ひしひしと感じられました。
その恵まれた「環境」を生かすも殺すも、あとは利用者しだいでしょう。
よりよい「環境」づくりの住人目指して「学習」を積み重ねていきたいものです。
 
 
いよいよ、週明けの7日は、在校生の〈始業式〉が、
8日は、新入生を迎え入れる〈入学式〉が行われます。

前の記事関西方面校外学習
次の記事始業式